今日の一句:酔拳聖  覚えてくれない IME


by syusyutrain

ハドソンは下手くそだ

ちょっとゴンゾの失態から視点を変えて
ハドソンのやり方に注目してみようと思う。
全部主観なうえ、何の分析も無い駄長文だけど
とにかく読んでくれ。

--------------------------------------------

■ハドソン公式ページを見てみよう。
そしてハドソン公式から、さまざまなリンクをたどって
ゲーム、作品群を見てほしい。
ハドソンTOPにでかでかと表示されているのは、ご存知桃鉄。
まぁ我らがMOEも(ネガティブに)出てますが、これはさておき・・・
家庭用ゲームに飛べば、これまたおなじみボンバーマンと
PCエンジン時代に一世風靡した(?)天外魔境シリーズのリンクが。
んで、煉獄というPSPのゲーム。最近のゲームはよくわからんです。
まぁ・・・正直な事言うと、お世辞にも話題性のあるゲームが
多いとはいえないわけで。

■天外魔境ZIRIAにギモン
で、Xbox360゜で開発が進んでいる天外魔境ZIRIAについてみてみよう。
公式サイトをぽちっとな・・・気になるスクリーンショットをぽちっとな・・・
これが・・・ハイレゾの力なんでしょうか。特に代わり映えしないというか何というか。
そして、そもそもグラフィックはゲームの面白さを左右しないということを
ハドソンは早く気付くべきです。(MoEが良い例じゃないか)
重要なのは、元のキャラメイキングとイラスト、そして何よりゲーム内容でしょう?
無理して360゜でつくって、おまけにXbox360゜自体が大コケしたら
どうするんだと、その金MoEに使えと。

■天外シリーズの過剰リメイクについて
過去の栄光に浸るのは勝手だけど、それで儲かるのかはギモンである。
確かに天外魔境が大好きだ!リメイク最高!!と思う人もいるとは思う。
ただしリメイク作品で採算を得るには、それ相応の話題性、反響が無ければならない。
今天外に力を入れて、ハドソンは"新しい何か"を生み出せるのだろうか?
少なくともMoEはMMO業界でそれなりの評判を得てきている。
顧客が注目しているポイントに、何故焦点を当てないのかと。
天外リメイクに使う、その金MoEに使えと。

■過去にとらわれすぎ
桃鉄もボンバーマンも天外も確かにそこそこ面白い。
桃鉄はパーティゲームの定番だし、ボンバーマンだって
白熱した対戦を味わうことができる。アニメ化もしてるし、玩具にもなっている。
しかし目新しい情報はあまりにも少ない。
何やらボンバーマンも360゜で近未来なダークヒーロー風にリメイクされるらしいが
ハードのチョイスといい、安易なサイバー化といい、考えが大雑把過ぎる。
「こうすれば売れるだろう」では無く「こうやったんだから売れるに決まってる」
位の自信と工夫を持ってゲームをリリースしなければ
目の肥えたゲーマーはついて来ないだろう?(自分は目が肥えているか微妙だけど)
だから過去の名作の開発はちょっと抑えて、その金MoEに使えと。

---------------------------------------------------

というわけで散々ハドソン叩きしてしまったわけですが(ファンがいたらごめんなさい)
何が言いたいかっていうと今ハドソンにとってキーとなるゲームは
絶対MoEだって!!って事ですよ。
ハドソンの作品の中で良くも悪くも、ユーザーからこれほどまでの反響を
得たことがここ数年あったかと、もう一度、ハド上層部に考えてもらいたいものです。


きょ、今日はこの辺にしとく・・・ぜ・・・
[PR]
by syusyutrain | 2006-02-25 04:21 | ゲーム全般